HOME
有力企業情報
インターンシップ
就活ログ
一橋大生の就職先
先輩のアドバイス
ABOUT
如水会広告

先輩の就活アドバイス

インターンシップ

 

偶然にはなりますが、内定を頂いた三社ともインターンに参加していました。やはりインターンに参加しておくと多くの企業で選考過程がスキップされたり、通常よりも早く内定が貰えるなどお得なことが多い気がします。私は結局6月以降の選考には参加していませんでしたが、内定がある安心感は大きいと思うので、早めに内定をもらって安心した上で本命の企業に挑みたいという方はインターンに積極的に参加しておくのも手だと思います。

 

また、インターンで志望度が上がった企業(業界)もある一方で志望度が始めは高かったけど自分には合わないなと感じた企業(業界)もあるので、本格的な選考が始まる前に志望業界を絞るという目的でもインターンに参加する意義は大きいと思います。

(タイヤ:入社先業界/以下同様)

 

僕は、企業研究の機会としてインターンは有意義だと考えていた。

本当に仕事そのものを体験したいなら長期インターンをしないと意味ないが、かといって短期のインターンが無駄だとは思わない。目的を説明会の延長線上に捉えれば、多くの社員と会うことで社風まで感じ取れるインターンは有用であると思う。また、人事がわざわざ時間とお金をかけて実施していることには、ある程度意味があるのではないか。(本選考での優遇など。)

 

そして、もう1つ重要なインターンの意義として、応募することで選考の練習になるという点がある。例えば、ESや面接で問われる学チカは、インターンの選考でも本選考でも書く・話すことは変わらないはずだ。インターン選考で慣れてしまえば、会社説明会などで忙しくなる本選考前の時期に余裕が生まれると思う。

(鉄道)

 

インターンシップは参加する余裕があるのであれば積極的に参加すべきだと思います。

インターンの利点としては

ゞ罰ΑΥ覿藩解に繋がる

⊇活生仲間が出来る

A考慣れ出来る

ち考に影響がある(ものもある)

等が挙げられます。その中でも個人的にはが大きかったなと感じています。

また、インターン直後には選考要素はなくても、いざ本選考の時期になると優遇が生まれる場合があるので、興味がある企業は受けておくと良いと思います。

(政府系・系統金融機関)

 

僕が参加した2つのインターンシップは、選考過程の免除などのはっきりした優遇はありませんでしたが、面接ではインターンシップについて触れられることも多く、参加したという事実が志望度の証明になってくれたように感じます。 三年の夏で行きたい業界や企業が定まっている人は少ないかと思いますが、決まっていない人でもとりあえず参加してみれば、何らかの形で役に立つことがあると思うので、暇な長期休暇を過ごすくらいなら行くことをオススメします。

(政府系・系統金融機関)

 

自分は夏のインターンシップから何個かインターンシップに参加したし、実際その中から内々定に繋がったものもありました。ただ、貴重な大学生の長期休暇をつぶしてまで行くほどのものではなかったなと思います。今思えば日本一周旅行とかに行った方がよっぽど有意義だし就活のネタにもなったかなと()

 

それは冗談としても、部活でもアルバイトでもゼミでも留学でも、何か全力で取り組んでいることがある人はそれに力を入れて頑張って欲しいです。たかが5日ほど企業をちょっと覗いたくらいで大きな差がつく訳がないので。ただインターンの選考はES・面接ともに本選考のとても良い練習になったので、時間がある人は受けてみるといいと思います。

(不動産)